FX取引の仕組み

テクニカル指標の重要性を理解する

テクニカル指標の重要性を理解する
FX戦略

サクセスナビ

この記事で学べること効果測定の方法効果測定の結果から、次に取り組む施策や、必要な機能の検討方法新たに取り入れる機能の設定時に役立つリソース​効果測定をいつ、どのように行うか理解するステップ2で決めた指標をもとに、3ヶ月から6ヶ月単位で結果を振り返りましょう。例えば、ステップ2でご紹介した指標「生産性」は、改善しているのかを確認します。(「Service Cloud基本パック」をインストールいただいたお客様は、「コールセンター 指標ダッシュボード」の「今年度の生産性(1件あたりの処理時間)」)改善していない場合には、クローズ時間(「コールセンター指標ダッシュボード」の「今年度のクローズ時間」)とクローズ件数(テクニカル指標の重要性を理解する 「コールセンター指標ダッシュボード」の「今年度のクローズ件数」)のどちらに起因しているのかを振り返ります。​効果測定の結果をもとに、次に取り組む施策や、必要な機能を検討する続いて、振り返りの結果を元に、今後の進め方を決めましょう。①生産性が伸び悩んでいる、もっと改善していきたい場合ステップ2でご紹介した「コールセンター業務における重要な指標を理解する」を参照し、結果が出ていない原因を探り、根本原因を特定して、改善アクションにつなげていきましょう。​あわせて下記の「生産性向上のための機能リスト」を確認して、新たに取り入れるService Cloudの機能を決めましょう。②結果が出ている、または出始めている場合引き続き、現在の運用を続けましょう。さらに効果を出すために、生産性向上以外の観点で、効果を高める施策を検討しましょう。ここでは、2つの観点から例をご紹介します。観点① 顧客体験の向上顧客体験向上のための、Service テクニカル指標の重要性を理解する Cloudを利用した取り組みを2つご紹介します。​1つ目はチャネルの選択肢を広げる取り組みです。お客様の好みやタイミングによって、好きなチャネルを選んでお問い合わせできると嬉しいですよね。Service Cloudには、電話・メール・Webフォームといったチャネルはもちろん、チャットやEinsteinボットもあります。チャット(有人)をご利用いただくことで、お客様はリアルタイムでの問合せや問題解決ができるようになります。また、Einsteinボットをご利用いただくことで、簡単な質問やよくある質問は、AIが24時間リアルタイムに対応できますので、よりスピーディな問題解決を実現します。​さらに、Einsteinボットからチャット(有人)へはシームレスにつなげることも可能です。ボットが対応できなかった問題をオペレータにそのまま引き継ぐことで、オペレータは、より複雑な問題に注力することができるといったメリットもあります。​2つ目は、お客様のスピーディな自己解決を実現する取り組みです。一般的に、81%の顧客がサポート窓口へ連絡するために自己解決を試みるといわれています。問合せをすることなく、自己解決できるようになりますので、顧客満足度の向上につながります。Service Cloudでは、顧客向けのFAQサイトをポイント&クリックで作成することが可能です。すでにナレッジを社内で利用している場合には、問題解決に役立つであろうナレッジにチェックをいれるだけで、お客様向けに外部公開することが可能です。(事前にExperiene Cloudでサイトを作成する必要があります)​観点② 売り上げへの貢献最近のコールセンターでは「コストセンターからプロフィットセンターへ」をテーマに、多くの企業が「売り上げへの貢献」に取り組まれています。売り上げへの貢献においては、他の部門と情報を密に共有し、スムーズな連携をすることが重要です。Service Cloudを利用して、顧客の興味や関心事、お困りごとを迅速に連携し、ビジネスに活かすにはどうすべきでしょうか。​例えば、Chatter 機能を利用して、問合せ内容を営業部門に共有することで、訪問のネタとして活かしたり、クロスセルやアップセルなどにつなげることが可能です。また、レポート機能を利用して、問合せ傾向を把握することで、お客様のニーズに応じた商品開発や販売活動に活かすことも可能です。新たに取り入れる機能・設定に役立つリソースを知る新たに取り入れるService Cloudの機能が決まったら設定しましょう。設定時のお困り事は、ぜひ下記リソースから自己学習・お問い合わせをお願いします。​ヘルプドキュメントService Cloud 活用コンテンツマップ(Service Cloud・ナレッジ)テクニカル指標の重要性を理解する Service Cloud パートナー活用相談室Trailblazers Communityエキスパートコーチングの動画(Premierのご契約者様限定) エキスパートコーチングの個別のフォローアップセッションテクニカルサポート ​まとめ効果測定の方法や、結果を元にした、次に取り組むべき施策の検討方法は理解できましたか?効果創出のために、ぜひ定期的に効果測定を行い、改善や新たな取り組みの検討をお願いします。新たに取り組みを実施する際には、ステップ4の運用ルールの再策定と、ステップ5のトレーニングの実施もお願いします。

この記事で学べること継続的なトレーニングが必要な理由継続的なトレーニングを行う上でのポイント​継続的なトレーニングが必要な理由トレーニングはコールセンターを運営していく上で欠かせない要素です。トレーニングは、大きく「基礎トレーニング」と「継続的なトレーニング」の2種類を考えておく必要があります。ここでは、「継続的なトレーニング」について解説します。(基礎トレーニングについてはこちら)​実際に現場でユーザ利用が始まったタイミングで、ユーザから大量に問い合わせが来るといった状況はよくあります。​その理由としては、1度きりのトレーニングでは伝えたいことが浸透しきらないことが原因になります。そのため、継続的にトレーニングを行うことが重要です。継続的なトレーニングを行う上でのポイント何度もトレーニングを継続的に実施することは大変です。そのため、そのようなトレーニングの負荷を上げずに継続的にトレーニングを実施するポイントがあります。​①人を育てるすなわち推進チームと一緒に現場で展開をできるユーザを選抜して育てましょう。​②仕組みを作る現場ユーザが欲しい情報をすぐ得られる環境を整えましょう。​この2つのポイントを実施することで、Salesforceが浸透しやすい環境がつくられ、定着化しやすい環境へ変化します。①人を育てる人を育てることにより、現場でノウハウ展開できる人が増えれば、推進チームメンバーだけに依存しない体制を作れます。また、現場からリクエストを吸い上げて、利便性向上に向けた改善につなげることもできます。​各利用部門からメンバーを選抜し、下記2点を行ってください。​・ミッション、利用目的・利用シーンを共有し理解をいただく ミッションは「困っている利用ユーザーをヘルプし、不明点を解決してあげること」です。​・各選抜メンバーへSalesforceのスキルを習得いただく スキル習得によって、利用メンバーに便利機能を紹介することで、ツールとしての使いやすさを、伝えることができます。 また、選抜メンバー自らが業務に直面する課題に対して、解決糸口を見つけ、推進チームにすぐに提案することができます。②仕組みを作る何度もトレーニングの内容を振り返ることができる、わからないところが解決できる仕組みを整えることが重要です。具体的な仕組みを2つご紹介します。​1つは「問い合わせ窓口としてChatterグループを作成すること」です。Chatterグループを利用するとことで、資料の共有、過去のQ&Aの検索、質問に対する推進チームからの回答内容を情報資産として残しておくことができます。なおグループ利用の初期段階では、推進チームから積極的に質問に回答することを心がけ、Chatterのユースケースの紹介なども実施していただくと活性化に繋がりやすくなります。また、Chatterの利用ルールとして「個人プロファイルの登録」を含めてただくこともポイントになります。​2つめは「活用ガイダンスをSalesforceの画面に表示する方法」です。AppExchangeで無料で公開されている「Sガイダンス」というパッケージを利用します。Salesforceの画面右下に対象画面の便利な使い方を別ウインドウで表示することができます。まとめ「継続的なトレーニング」について理解できましたか?トレーニングが継続的に行える環境は非常に重要です。ポイントでお伝えした「人」「仕組み」を準備いただき、負荷のないトレーニング環境を構築しておきましょう。

この記事で学べること​入力・更新ルールの策定方法イレギュラー時の運用ルール​入力・更新ルールの策定ステップここでは、入力・更新ルール策定のための2つのステップをご紹介します。自社のケース対応フローを整理するまずは、自社で通常どのような流れで問合せの対応がされているかの対応フローを整理します。そして、そのフローの中で、どのように テクニカル指標の重要性を理解する Service Cloud でケースが作成され、誰が所有(担当)・更新するのかを洗い出します。以下は、問合せの発生源ごとに、ケースが作成される方法と、ケース所有者のフローを図にした一例です。ケースの入力・更新ルールを決める全体のフローが整理できたら、フローに対応する形でケースの入力・更新ルールを決めましょう。「誰が」「何を」「どのタイミングで」「入力・更新するのか」を明確にしておくことで、データの質が向上し、ステップ2で決めた指標を正確にモニタリングすることができるようになります。​特に、「所有者」項目と「フェーズ」項目は、正確に運用することで、担当者ごとの対応状況や対応期間などを集計し、現在の状況の把握や改善に生かすことができますので、必ず入力・更新ルールを決めておきましょう。ここでは、ステップ3でご紹介したパッケージ「Service Cloud基本パック」を例に「入力・更新ルール」をご紹介します。こちらは、サンプルですので、ぜひ自社に置き換えて検討してみましょう。また、「入力・更新ルール」の中で、更新するべき値の定義や操作などがわかりづらい箇所は、追加で運用マニュアルを準備しておくとステップ5のトレーニングもスムーズに進みます。​例えば、Service Cloud活用のポイントでもある「フェーズ」の更新について、各フェーズはどのような場合に利用するのかを明記しておくと、一定のルールで更新してもらえますので、現状把握やフォローがしやすくなります。また、お客様からの追加の質問やご連絡があった場合に、フェーズを後戻りさせてケースを再オープンするのか、それとも再オープンはせずに新たなケースを作成するのか、といったルールもあわせて決めておくことを推奨します。さらに、ケースの更新についても、実際の画面ショット付きでマニュアルを作成しておくと、ケースの更新漏れや操作がわからないために更新を後回しにしてしまうという事態を防ぐことができますのでおすすめです。ステップ3でご紹介したパッケージ「Service Cloud基本パック」を例に、上図を含めた運用マニュアルのサンプルをこちらからダウンロードいただけます。運用マニュアルを準備する際にお役立てください。​イレギュラー時の運用ルールを決めるこれまでは、通常時の運用ルールについてご紹介してきました。それに加えて、以下のような、通常とはオペレーションが変わるイレギュラーな状況下を想定したルールも策定しておくことをお勧めします。・ケース担当者(所有者)が休暇や欠勤で不在の場合・ネットワークの不具合、SV・マネージャ不在、お問合せの殺到などの非常時まとめ入力・更新ルール策定のための2つのステップは理解できましたか?「誰が」「何を」「どのタイミングで」「入力・更新するのか」を明確にしておくことが重要です。「コミュニケーションルール」と「入力・更新ルール」の2つの運用ルールを決め、SVやマネージャがダッシュボードを利用して、現在の状況を正確に把握し、現場のオペレータへ適切な指示ができる状態を目指しましょう。​​

この記事で学べること運用ルールの重要性「コミュニケーションルール」と「入力・更新ルール」の全体像​運用ルールが重要な理由​ステップ2でもご紹介しましたが、コールセンター 業務において、問合せの件数やオペレータの対応状況等をダッシュボードで可視化し、マネジメント(SVやマネージャ)とオペレータの会話を通じて行動変革・業務改善をしていくことが重要です。​まず、マネジメントが現在の対応状況を正確に把握し、オペレータへ適切な指示をするためには、ダッシュボードのどの数値を確認して、どのような指示をすればよいのかを理解しておく必要があります。また、現在の対応状況を正確に把握するためには、必要なデータが適切なタイミングで入力されていることが大切です。​そのような円滑な運用を実現するために、必ず考えていただきたいことが「運用ルール」です。​運用ルールで決めるべき「コミュニケーションルール」と「入力・更新ルール」運用ルールには、大きく分けて2種類のルールがあります 。​1つ目は、「コミュニケーションルール」です。「コミュニケーションルール」については、ステップ2にて概要をご紹介しましたが、本章ではより詳細な内容をご紹介します。「コミュニケーションルール」とは、マネジメント(SVやマネージャ)が、ステップ2で決めた重要な指標をもとに、ステップ3で作成したダッシュボードを利用し、誰が、いつ、どの指標を見て、どのようなアドバイスをするのかを決めるルールです。​「コミュニケーションルール」が決められていないと、ダッシュボードの見方や利用方法が分からず、マネジメントは、ダッシュボードを利用しなくなり、対応状況に応じた適切なアドバイスができなくなってしまいます。また、マネジメントが、ダッシュボードを利用し、対応状況状況の把握に役立てないと、オペレータにとっては、何のためのデータ入力なのか納得できないため、入力せず、必要なデータが蓄積されないという状況にもつながってしまいます。​2つ目は、「入力・更新ルール」です。「入力・更新ルール」は、現場のオペレータが、いつ、どのようなデータを入力・更新するのかを決めるルールです。​「入力・更新ルール」が決められていないと、データの入力にばらつきがでてしまい、マネジメント(SVやマネージャ)がダッシュボードを見ても、正確な情報が反映されず、適切なアドバイスができなくなってしまいます。よくある事例ですが、ケースの「状況」の値の意味や更新タイミングが明確に定義されておらず、人によって「状況」の基準が異なり、停滞しているケースが見落とされ長らく放置されてしまうですとか、「所有者」の定義が決められていないために、ケースの責任の所在がわからなくなり、対応漏れが生じる、といった事態が発生してしまいます。​まとめコールセンター での運用ルールを策定する重要性や、決めるべき2つのルール「コミュニケーションルール」「入力・更新ルール」の概要は、理解できましたか?続いて、各ルールの策定方法を詳しく見ていきましょう。​​

この記事で学べること​パッケージのインストール方法パッケージのインストール後に必要な設定パッケージに含まれる設定​パッケージインストール前の準備作業「Service Cloud基本パック」のインストールは、次の2つの設定が完了していることが前提条件となります。​メール-to-ケースの有効化状況項目の値の変更​1つ目はメール-to-ケースの有効化です。まだ機能を有効化していない場合は、下記手順を実施の上、パッケージをインストールしてください。なお、メール-to-ケースを利用しない場合であっても、機能の有効化による組織への影響はありません。[設定]|[機能設定]|[サービス]|[メール-to-ケース]と遷移「メール-to-ケースについて」の画面が表示されたら[次へ]ボタンを押下[編集]ボタンを押下「メール-to-ケースの有効化」にチェックを付け、[保存]を押下2つ目は「状況」項目の値の変更です。Service Cloud基本パックには、状況項目を使用した自動化処理(プロセスビルダー)やレポートが多数含まれます。状況項目が正しく設定されていない場合、それらの機能はもちろんのこと、ダッシュボードのグラフも正しく表示されません。​本パッケージでは、①新規・②作業中・③顧客待ち・④エスカレーション・⑤回答済み・⑥クローズの6つの値が必要です。手順書「ケース「状況」項目の値の変更」に沿って、予め設定いただきますようお願いします。なお上記6つのうち、既に自社組織でも同名の値を利用している場合は、新規での作成不要です。完全一致している必要がありますので、表記ゆれにのみご注意ください。​例1:自社組織で「顧客まち」という値を利用中 テクニカル指標の重要性を理解する → 新たに「顧客待ち」を作成または「顧客待ち」へ編集する必要あり例2:自社組織で「顧客待ち」という値を利用中 → 完全一致のため、新たに作成する必要なし​パッケージのインストール方法※本パッケージのインストールは、上記「メール-to-ケースの設定」と「状況項目の値の設定」が前提となります。ご設定がまだお済みでない方は、必ずパッケージインストール前に上記手順をご参考にメール-to-ケースの有効化をお願いいたします。​こちらからパッケージのインストールリンクへ遷移パッケージをインストールする組織へログイン「すべてのユーザにインストール」を選択「Salesforce テクニカル指標の重要性を理解する の AppExchange パートナープログラムの一環として配布できない Salesforce 以外のアプリケーションをインストールすることに同意します。」にチェック[インストール]ボタンを押下インストールが完了すると「インストール完了!」と表示されます以上でパッケージのインストール作業は完了となります。次に、パッケージをご利用いただくにあたり必要なインストール後にご設定いただきたい事項をご紹介します。​パッケージに含まれる設定次にパッケージに含まれる設定と、パッケージをご利用いただくにあたり必要なインストール後の設定をご紹介します。​下記リンクにある「Service Cloud基本パックインストール後の作業確認表」では、パッケージに含まれる設定と、インストール後に必要な設定をまとめています。オレンジ枠の部分はそれぞれパッケージを利用いただくために必要な設定となりますので、それぞれのリンク先に記載の設定手順をご参考に作業を実施ください。​「Service Cloud 基本パック」インストール後の作業確認表▼イメージ画像(一部抜粋)​まとめパッケージのインストール方法と利用開始に必要な設定作業は理解できましたか?早速パッケージをインストールして、利用開始に向け必要な設定作業を実施しましょう。​次の章では、パッケージに含まれるダッシュボードを使って、業務改善に向け、具体的にどのようなコミュニケーションをするべきかについてご紹介します。

この記事で学べることパッケージの概要パッケージでできることパッケージに含まれる設定と、インストール後に必要な追加設定​「Service Cloud基本パック」とは?「Service Cloud 基本パック」とは、コールセンター業務における指標管理ダッシュボードや問合せ対応を効率的に行うための画面(コンソールアプリケーション)を詰め込んだパッケージです。​「Service Cloud基本パック」をインストールすることで、前の記事でご紹介した初期設定を省略し、すぐにService Cloudを利用開始いただけるようになります。​パッケージをご利用いただく際の前提条件と含まれる設定概要は以下の通りとなります。​前提コールセンター業務でService Cloudをご利用いただくお客様が対象これから初期設定を開始されるお客様、あるいは、すでに初期設定を完了しているが、パッケージに含まれるダッシュボードを利用したいお客様Lightning Experienceでご利用いただくことを想定(ダッシュボードはClassicでも利用可能)​含まれる設定カスタムアプリケーション:1ケースのレコードページ:1ケースのコンパクトレイアウト:1ケースのクイックアクション:4ケースのカスタム項目:7ケースのページレイアウト:1ケースのリストビュー:1パス:1レポート:8レポートフォルダ:1ダッシュボード:1ダッシュボード フォルダ:1プロセスビルダー:4​すでに初期設定済みの組織に本パッケージを追加インストールした場合、カスタム項目やプロセスビルダーをはじめとする複数の設定が組織に追加されることになりますが、これら設定は既存の設定に影響を与えるものではありません。例えば、パッケージに含まれるプロセスビルダーは同じくパッケージにより追加されるカスタム項目のみを更新するもので、標準項目や既存項目に対して更新はかけません。詳しくは、次の記事にてご紹介する「「Service Cloud 基本パック」インストール後の作業確認表」にも記載がございます。​ただし、パッケージのご利用開始前にSandbox環境で動作検証を行っていただくことをお勧めします。​「Service Cloud基本パック」でできること「Service Cloud基本パック」では、大きく2つのことが利用できるようになります。​まず1つ目は、コールセンター業務における指標管理ダッシュボードです。「コールセンター指標管理ダッシュボード」では、生産性やクローズ件数などの結果、最近の問合せ傾向から、その原因を特定し改善アクションに繋げるための情報を読み取ることができます。このダッシュボードに含まれるグラフは、前章にてご紹介した「コールセンター業務における重要指標」をもとに作成しています。なお、次の章では指標管理ダッシュボードを使用してどのように改善アクションに繋げるかの具体例をご紹介させていただきます。​そして、2つ目はサポートコンソールアプリケーションです。サポートコンソールアプリケーションでは、オペレータがより効率的に問合せ対応が行えるように、問合せ対応時に必要となる情報を一画面に集約しています。画面の左側部分では、この問合せがどのようなお客様からの問合せかを確認できる取引先責任者情報や過去の問合せ情報を表示しています。またケースの詳細部分では問合せ対応の中で更新頻度が高い項目をピックアップして表示していますので、オペレータは最小限のクリック数で効率的に問合せ情報の確認、更新が行えます。​次に画面の中央上部には、問合せの概要と状況を瞬時に判断いただくのに必要な重要項目と状況を矢羽で表示しています。​またその下部では、問合せ対応の中で繰り返し行う作業をアクションを使って簡易的に実行できたり、ケースフィードから問合せに関する情報を関連部署に連携することが可能です。​そして、画面の右側部分では、問合せに関連する情報を確認することができます。​これらダッシュボードとアプリケーションを使い、効率的な問合せ対応を実現していきましょう。まとめ「Service Cloud基本パック」でできることについては、理解できましたか?パッケージを使用してすぐにてでもService Cloudでの指標管理、問合せ対応を開始しましょう。​次の記事では、「Service Cloud基本パック」のインストール方法と、インストール後に必要な設定をご紹介します。

この記事で学べること​ダッシュボードで指標管理をするために必要な設定Service Cloudで問合せ対応するために最低限必要な設定​ダッシュボードでの指標管理に必要な設定を理解前章では、コールセンター業務における重要指標をご紹介しました。本章では、その重要指標をダッシュボードで可視化する際に必要な設定と、Service Cloudで問合せ対応を開始するのに最低限押さえていただきたい設定をご紹介します。​これからご自身で初期設定をされる場合はこちらを参考に設定を進めてください。あるいは初期設定を導入支援パートナーにご依頼される場合は、自社の設定と照らし合わせその設定が必要な理由をご確認ください。またService Cloudを既にご利用されている場合は自社の設定に抜け漏れがないかを改めてご確認ください。ご紹介する中で、まだ利用していない機能があれば、追加で設定するかについてもご検討ください。​下記リンクにある「[Service Cloud]初期設定チェックリスト」では、ダッシュボードでの指標管理や問合せ対応の開始に必要な設定と、それぞれがなぜ必要なのか、どう設定するのかをまとめています。まずは、チェックリストに沿って必要な設定ができているかを確認していきましょう。​[Service Cloud]初期設定チェックリスト▼イメージ画像(一部抜粋)補足:「Service Cloud基本パック」について初期設定をこれから実施されるお客様は、後述のパッケージをインストールしていただくことで、上記のチェックリストの「パッケージに含まれる」列(オレンジの枠)で◯がついている設定作業を省略可能です。なお、パッケージの詳細およびインストール手順は、次の「パッケージを使用して簡単に利用開始しましょう」にてご紹介します。​まとめダッシュボードでの指標管理と、問合せ対応を開始するのに必要な設定は理解できましたか?[Service Cloud]初期設定チェックリストを参考に設定を進めましょう。次の記事では、本記事でご紹介した設定をより簡易的に行っていただくためにご用意したパッケージ「Service Cloud基本パック」のご紹介をします。

この記事で学べること​コールセンター業務における重要な指標コミュニケーションルール​コールセンター業務における重要な指標を理解するSalesforceで効果を出すためには、ダッシュボードを使った会話と行動変革が重要です。​コールセンター業務においてもまた、問合せの件数やオペレータの対応状況等をダッシュボードで可視化し、マネジメントとオペレータの会話を通じて行動変革・業務改善をしていくことが求められます。​本章では、ダッシュボードで可視化・会話すべき指標について、コールセンターを例にご紹介します。​コールセンターでは、「顧客満足度の向上」と並んで、全体のコストを抑えるための「生産性の向上」も重要なミッションです。生産性の向上をテーマとしたとき、それを阻害する原因をまとめると下図のようになります。こちらの例では、生産性を「1件あたりの処理時間 (処理時間 ÷ 処理件数) 」としています。1件あたりの処理時間を短縮することが、オペレータの限りある工数の中での「処理件数の最大化」に繋がるというわけです。Service Cloudでは、この処理時間を「クローズ時間」として測定することが可能です。つまり「クローズ時間をどれだけ抑えられるか」という指標がスタートラインとなります。​目標の「クローズ時間」が決まったら、つぎはどのように目標達成するかを考えていきます。​クローズ時間が長期化する原因は、大きく次の4つが考えられます。ルーティングまでの平均時間が長い一次回答までの平均時間が長い顧客返答待ちの件数と経過時間が長い一次解決率が低い上記はサンプルですので、ぜひ自社に置き換えて検討してみましょう。​冒頭記載の通り、Service Cloudでは、下図のように結果から原因までをダッシュボードで可視化することが可能です。ここで重要なのは、ただダッシュボードを見るのではなく、原因解決のためのアクションについて会話・検討することです。どういう会話が良いのか、具体例についてはステップ4で解説しておりますのでご確認ください。コミュケーションルールの策定重要な指標を理解したら、それらの指標を誰が、いつ、どの粒度で見る・会話するのかを決めましょう。​こうしたチェックに関する決めごとを「コミュニケーションルール」と呼びます。コミュニケーションルールを決めることで、例えば次のような効果を期待できます。​コミュニケーションの場・登場人物が明確になり、必要なダッシュボードの枚数が整理できるコミュニケーションのタイミングが明確になり、組織内で一貫性のあるオペレーションを実現できる​例えば下図では、コールセンター長、SV・マネージャ、オペレータの三者が(横軸)、日次・週次・月次で(縦軸)、どの指標でどのようにコミュニケーションするのかを示しています。ダッシュボードは、コールセンター長の意思決定に必要な生産性や処理件数等をまとめたダッシュボードや、オペレータの業務健全化のために常時確認すべき未割り当て件数や経過時間等をまとめたダッシュボードなど、チェックする人や目的に応じて複数作成・使い分けるのがポイントです。この例ですと、コールセンター長向けに1つ、SV・マネージャ用に2つ(日次・週次)、オペレータ用に1つ、計4種類を検討いただくのが最適です。まずは、日々の業務を滞りなく回すことを最優先とし、日次で確認すべき指標を検討しましょう。そのあとに、生産性向上の阻害原因をチェックする週次または月次ダッシュボードの検討をおすすめします。​まとめコールセンター業務における重要な指標と、コミュニケーションルール策定のポイントは理解できましたか?ご紹介した重要指標は、次のステップ3でご紹介する「Service Cloud基本パック」をインストールすることで、簡単に可視化することが可能です。パッケージのインストール手順や初期設定方法もご紹介していますので、ぜひご確認ください。*パッケージのインストールは任意です。既に活用しているダッシュボードがあれば、そちらを活用いただいて構いません​

この記事で学べること​活用推進チームの重要性Service Cloudを活用する上で重要な活用推進チームの体制と役割活用推進チームの定例会議のアジェンダサンプル​活用推進チームが重要な理由活用を円滑に進め、効果的に活用するために、活用推進チームが必要です。​Salesforceの大きな特徴として、カスタマイズ性が高く、プログラミング開発などの特別な技術や専門知識がなくてもシステムの改善が可能であることがあげられます。そのため、継続的に現場のニーズを汲み取り、その都度システムを改善していくことで、現場の利便性が上がり、最終的にコールセンター全体の生産性向上につながります。まずは、下図の左側「継続的な改善を実施しないケース」をご覧ください。改善を実施しなければ、変化する現場のニーズにシステムがついていけず不便さが増大し、やがてオペレーターの離職率に影響する可能性もございます。一方、右側の図「継続的な改善を実施するケース」をご覧ください。日々変わっていく業務やビジネス状況に応じて、現場の意見を取り入れ、その都度改善をすることで、業務適合度が上がり、利便性向上につながります。​現場の利便性を上げ続けるため、右側の図のように運用するために必要になってくるのが、「活用推進チーム」であり、稼働以降も解散せず、体制を維持することが重要です。​Service Cloudを活用する上で重要な活用推進チームの体制と役割それでは、活用推進チームは、どのような役割が必要なのでしょうか。活用推進チームの体制と役割を下図でご紹介します。図の右側には、「おすすめの方」として、コールセンターの組織の中で、どのような方が担当することが多いのかも記載しています。一般的なコールセンターの組織体制と合わせてご参考ください。​必ずしも1人1つの役割である必要はございませんが「誰がどんな役割を担うのか」を明確に決めることが重要です。​また、活用推進チームの役割の中で特に重要な役割は、現場の状況をよく理解している推進者の存在です。推進者が推進チームと利用チームの橋渡し役になることで、スムーズに、現場の意見を吸い上げたり、推進チームで決まったことを現場メンバーに浸透させたりすることができるようになります。​最後に、定期的な改善を実施するための活用推進チーム定例会議体を設定します。下図は、活用推進チーム定例会議のアジェンダのサンプルです。参加者、開催頻度、目的なども明確化しておきましょう。まとめService Cloudで効果を出すために重要な活用推進チームについて、理解できましたか?誰がどの役割を担当するのか明確に決めておくことが重要です。​

ボリンジャーバンド (BB)

ボリンジャーバンド (BB)は、幅広く知られているテクニカル分析ツールで、1980年代初頭にジョン・ボリンジャーによって開発されました。ボリンジャーバンドは銘柄の価格に関連して描画される3本のラインのバンドで構成されています。通常ミドルラインは20期間に設定された単純移動平均線 (SMA) です(トレンドラインの種類や期間はトレーダーによって変更されますが、20期間移動平均が通常一般的です)。そしてミドルラインのSMAはアッパーバンドとロワーバンドのベースとして機能します。 アッパーバンドとロワーバンドは、バンドと価格の関係性を観察することでボラティリティを測る手法として用いられます。通常アッパーバンドとロワーバンドは、SMA(ミドルライン)から2標準偏差離れた位置に設定されますが、標準偏差の設定はトレーダーにより調整可能となっています。

歴史

ボリンジャーバンド (BB) は1980年代初頭に金融トレーダーであり、アナリストであり、教育家であるジョン・ボリンジャーによって開発されました。ボリンジャーバンドの開発当時、ボラティリティは静的なものとして見られていましたが、ボリンジャーバンドは、ボラティリティの変化を(もちろん動的に)視覚化するニーズを満たしました。

計算

基礎

着目点

高値/安値価格

エクスパンションとスクイーズのサイクル

プライスアクションの確認

  • ボリンジャーバンドは非常に重要な指標(ボラティリティの変化)を表示できる為、高度なテクニカル分析を実行するために他の指標と組み合わせて使用されることがよくあります。 この良い例には(オシレーター的な)ボリンジャーバンドで(オレレーター的ではない)トレンドラインを使用するケースが挙げられます。以下の例で示すように2つの異なるタイプのインジケーターで確認することで、価格が予測通りに動いているという確信レベルを強化できます。
  • もう1つの良い例は、ボリンジャーバンドを使用して、ダブルボトムなどの古典的なチャートパターンを確認することです。ボリンジャーはしばしばボリンジャーバンドを使用して、アーサー・メリルによって分類された古典的なチャートパターンであるダブルボトムの存在を確認しました。
  1. ボリンジャーバンドのロワーバンドをブレイクする可能性がある(しかし常にではありません)下降のリアクションが形成され、少なくともロワーバンド近くまで安値を形成する動きが見られます。
  2. 価格がSMA(ミドルバンド)付近に戻ります。
  3. 価格の再下落が発生し、条件1で形成された最初の安値を更新してより低い位置の新安値を形成します。しかしながらこの2度目の新安値形成ではロワーバンドをブレイクには至りません。
  4. 価格が強い動きでミドルバンドへ戻ります。条件2の下落によって形成された上値抵抗線を突破するとブレイクアウトの可能性があります。

バンドウォーク

強い上昇トレンドの間、価格がアッパーバンドにタッチしたり突破したりする動きが繰り返される場合があります。これは売りシグナルではなく、上昇の動きが全体的に強い事を示しています。

同様に強い下降トレンドの間、価格がロワーバンドにタッチしたり突破したりする動きが繰り返される場合があります。これは買いシグナルではなく、下降の動きが全体的に強い事を示しています。

2022年7月8日(金)ドル円初心者戦略

FX戦略

ファンダメンタルズ分析

本日のシナリオ

注目材料

テクニカル指標の重要性を理解する 1. 経済指標・要人発言
本日は注目度の高い米国雇用統計が発表予定。特に平均時給はインフレ状況を把握する材料として重要と考えます。経済指標結果から⑥-1,2でドル円の方向性を判断したい。

①日米金融政策差→米国金融引き締め・日本金融緩和継続→ドル買い円売り→ドル円上昇
②-1 米国金融当局者タカ派発言→米国債利回り上昇ならドル買い→ドル円上昇
②-2 米国金融当局者ハト派発言→米国債利回り下落ならドル売り→ドル円下落
③-1 日本要人からの強い円安牽制発言→円買い→ドル円下落→下げ止まりから押し目買い勢によるドル円上昇
③-2 日本要人からの円安容認発言→円売り→ドル円上昇
④-1 テクニカル指標の重要性を理解する テクニカル指標の重要性を理解する リセッション懸念→株先物・株価指数下落→リスクオフドル買い円買い(通貨強弱「円>ドル」なら)→ドル円下落
④-2 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→米国債利回り低下→ドル売り→ドル円下落
④-3 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑤リスクオン→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑥-1 米国経済指標結果が強い数値→ドル買い→ドル円上昇
⑥-2 テクニカル指標の重要性を理解する 米国経済指標結果が弱い数値→ドル売り→ドル円下落

マーケットの動き

東京マーケット前

8:50 経済指標
日本国際収支5月度
経常収支:前回5011億円、予想1719億円、結果億円()
経常収支(季調済):前回5115億円、予想1548億円、結果億円()
貿易収支:前回-6884億円、予想-20418億円、結果億円()

東京マーケット(9:00~15:00)

9:55 実質五十日仲値(7/10休日)

欧州マーケット(16:00~25:00)

21:30 経済指標
米国雇用統計6月度
非農業部門雇用者数:前回39.0万人、予想26.4万人、結果万人()
失業率:前回3.6%、予想3.6%、結果%()
平均時給:

前月比前回0.3%、予想0.3%、結果%()
前年比前回5.2%、予想5.0%、結果%()

NYマーケット (22:30~29:00)

23:00 経済指標
米国卸売在庫確報値5月度
前回2.0%、予想2.0%、結果%()

24:00 要人発言
米国ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁(2022年FOMC投票権あり)

25:00 欧州クローズ

28:00 経済指標
米国消費者信頼残高5月度
前回380.07億ドル、予想億314.0億ドル、結果億ドル()

ページ表示速度の最適化【超基礎】 ~ブラウザの動き、調査ツール、指標、そして改善方法

 DOM 読み込み時間は2~3秒以内に 競合相手の読み込み速度を評価し、ベンチマークテストに役立てる サーバー ファイル ●よくある問題点 ・画像 ・ホスティング ・プラグイン、アプリ、ウィジェット―あらゆるサードパーティのスクリプト ・テーマ ・リダイレクト ・ブロッキングなJavaScript ・サイズの大きなファイル(CSS、JavaScriptなど) ●情報リソース Chromeユーザーエクスペリエンスレポート(CrUX) ―利用者の多いウェブサイトに関するChrome Real User Metrics(RUM)の公開データセット ―BigQueryを使用→SQLの知識が必要 Lighthouse ―ウェブページの品質向上に役立つオープンソースツール ―Chrome DevToolsで利用可、コマンドライン+ノード ―Simulated Fast 3G vs Applied Fast 3G PageSpeed Insights ―CrUXに統合(利用可能な場合) ―サイトの構成を確認 モバイルサイトの速度とパフォーマンスのテスト ―testmysite.thinkwithgoogle.com Pingdom GTmetrix ●指標 First Paint ― 空白以外の描画要素が画面上に最初に表示される First Contentful Paint ― 最初のコンテンツが表示される First Meaningful Paint ― ページの主要なコンテンツが表示される Time To Interactive ― 視覚的に利用可能、かつ操作可能になる DOMContentLoaded ― HTMLが完全に読み込まれて解析される ●ページ速度を改善する方法 HTTP/2 preconnect、prefetch、preload キャッシュの有効化 画像の圧縮 CDNの利用 リソースの軽量化: 軽量化 ― 改行やスペースの削除+略語の使用 バンドリング ― 同じコーディング言語のファイルを1つにまとめる 圧縮 ― 軽量化+バンドリング/ファイル連結+不要コードの削除

知っておくべきおもしろい事実がある。このテストは、自動的に「Simulated Fast 3G」で実行される。これは、モバイル想定だがネットワーク速度などはあなたの利用しているネットワークがそのまま使われる。私は、Applied Fast 3Gに切り替えて実行する。こうすると、実際に3Gのモバイル回線を使っているようにネットワーク速度が調整されるのだ。こうすることで、この読み込みをLighthouseに実際に実行させることになるからだ。時間はやや余計にかかるが、わずかながらも正確性は増すようだ。知っておくと役に立つ。

※Web担編注 現在のLighthouseにはこの設定はなく、DevToolsの[Network]から調整する仕組みになっており、さらに表示も「Fast 3G」「Slow 3G」のように変わ っている。

PageSpeed Insights ページスピード・インサイツ

Test My Site (テストマイサイト)

これはグーグルが提供する「Test My Site ~モバイルサイトの速度を改善して、ビジネスを加速させましょう」というサービスで、「testmysite.thinkwithgoogle.com」から利用できる。モバイルサイトの速度をテストできるので、非常に便利だ。

    (ピングダム) (ジーティーメトリックス))

サイトの速度指標

First Paint (ファーストペイント) とは

First Paintは、空白以外の描画要素が画面上に最初に表示されるタイミングだ。最初のピクセルの変化にすぎないこともある。この最初の変化が、First Paintと見なされる。

First Contentful Paint (ファーストコンテントフルペイント) とは

First Contentful Paintは、最初のコンテンツが表示されるタイミングだ。ナビゲーションバーや検索バーの一部であれ何であれ、それがFirst Contentful Paintとなる。

First Meaningful Paint (ファーストミーニングフルペイント) とは

First Meaningful Paintは、主要なコンテンツが表示されるタイミングだ。「そうそう、まさにこのためにこのページにアクセスしたのだ」といった反応を得られたら、それがFirst Meaningful Paintだ。

Time To Interactive (タイムトゥインタラクティブ) とは

Time To Interactiveは、視覚的だけでなくページを操作可能になるタイミングだ。

DOMContentLoaded (ドムコンテントローデッド)

ページ速度を改善する方法

HTTP/2

preconnect、prefetch、preload

  • preconnect(事前接続)
  • prefetch(事前取得)
  • preload(事前読み込み)

キャッシュの有効化と、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)の利用

画像の圧縮

画像の圧縮には、あらゆる種類の無料ツールが提供されている。Optimizillaもその1つだ。コンピュータ上の無料ツールやSave for Webなどを利用して、適切に圧縮することもできる。

リソースの圧縮

    (22/06/06) (22/06/13) (22/06/20) (22/06/27) (22/07/04)
  • コアアップデートは年○回? グーグルに翻弄されないために知っておきたい基本情報(前編) (07/11公開予定)
  • E-A-Tシグナルを改善する10ポイント! 次のコアアップデートでいい結果を出すための戦略(後編) (07/25公開予定)

必見! Facebookいいね! 人気記事

モノタロウ、カインズ、ダイキンなどが語るWeb担春セミナー【5/24、25オンライン無料セミナー】 1,715 いいね!

「50歳を過ぎたら知見の伝承を」Web黎明期を支えた“フォントおじさん”テクニカル指標の重要性を理解する が長年働いて気づいたこと 731 いいね!

セミナー満足度 ランキングTop10【Web担当者Forum ミーティング 2022 テクニカル指標の重要性を理解する 春】 508 いいね!

Web担 テクニカル指標の重要性を理解する 編集後記 2022年6月 441 いいね!

ユーザーの言う「欲しい」はウソなのか? UXデザイナーが教える「本当のユーザー理解」 416 いいね!

検索順位下落からのV字回復! 「DOORS」が考える本質的なSEOとは 225 いいね!

そのSEO施策で合ってる? サイト・クエリに応じて「今」取り組むべき具体策とは? 195 いいね!

大学4年生「自分は結婚しない」過去最高に、結婚しても男子3割「相手は専業」希望【マイナビ調べ】 186 いいね!

Google社内でも利用、2022年使いたいデザインツール世界1位の「Figma」は何がスゴい? 185 いいね!

ヘッドレスCMS、コンテンツ管理機能──新しくなった「HeartCore CMS」がスゴイ! 何が進化したのか聞いた 180 いいね!

2022年7月8日(金)ドル円初心者戦略

FX戦略

ファンダメンタルズ分析

本日のシナリオ

注目材料

1. 経済指標・要人発言
本日は注目度の高い米国雇用統計が発表予定。特に平均時給はインフレ状況を把握する材料として重要と考えます。経済指標結果から⑥-1,2でドル円の方向性を判断したい。

①日米金融政策差→米国金融引き締め・日本金融緩和継続→ドル買い円売り→ドル円上昇
②-1 米国金融当局者タカ派発言→米国債利回り上昇ならドル買い→ドル円上昇
②-2 米国金融当局者ハト派発言→米国債利回り下落ならドル売り→ドル円下落
③-1 日本要人からの強い円安牽制発言→円買い→ドル円下落→下げ止まりから押し目買い勢によるドル円上昇
③-2 日本要人からの円安容認発言→円売り→ドル円上昇
④-1 リセッション懸念→株先物・株価指数下落→リスクオフドル買い円買い(通貨強弱「円>ドル」なら)→ドル円下落
④-2 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→米国債利回り低下→ドル売り→ドル円下落
④-3 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑤リスクオン→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑥-1 米国経済指標結果が強い数値→ドル買い→ドル円上昇
⑥-2 米国経済指標結果が弱い数値→ドル売り→ドル円下落

マーケットの動き

東京マーケット前

8:50 経済指標
日本国際収支5月度
経常収支:前回5011億円、予想1719億円、結果億円()
経常収支(季調済):前回5115億円、予想1548億円、結果億円()
貿易収支:前回-6884億円、予想-20418億円、結果億円()

東京マーケット(9:00~15:00)

9:テクニカル指標の重要性を理解する 55 実質五十日仲値(7/10休日)

欧州マーケット(16:00~25:00)

21:30 経済指標
米国雇用統計6月度
非農業部門雇用者数:前回39.0万人、予想26.4万人、結果万人()
失業率:前回3.6%、予想3.6%、結果%()
平均時給:

前月比前回0.3%、予想0.3%、結果%()
前年比前回5.テクニカル指標の重要性を理解する 2%、予想5.0%、結果%()

NYマーケット (22:30~29:00)

23:00 経済指標
米国卸売在庫確報値5月度
前回2.0%、予想2.0%、結果%()

24:00 要人発言
米国ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁(2022年FOMC投票権あり)

25:00 欧州クローズ

28:00 経済指標
米国消費者信頼残高5月度
前回380.07億ドル、予想億314.0億ドル、結果億ドル()

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる