初心者にもわかる

FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは?
第 5 位

イタリア債利回り上昇 スプレッドの拡大はユーロを圧迫=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

BigBossのボーナスキャンペーンは!?利用するメリットや注意点を徹底解説!

「どの海外FX業者が一番多くボーナスをもらえるの?」 「種類が多すぎて、どのボーナスを利用すればよいのかわからない. 」 「ボーナスをもらうためには何をすればいい?」 各海外FX業者によって、様々な .

【最新版】MT4とMT5はどちらが良い?10個の違いやおすすめの海外FX業者3社を紹介

BigBossのボーナスキャンペーンは!?利用するメリットや注意点を徹底解説!
【最新版】MT4とMT5はどちらが良い?10個の違いやおすすめの海外FX業者3社を紹介
海外FXは危険性が高いって本当?よくある詐欺のパターンや優良業者を見極める方法も解説
【初心者必見】BigBossのMT4へログインできない時に確かめる7つのこと! ログイン時の疑問にも回答
海外FXの最大ロット数は? レバレッジとの関係性やロット数が多い業者の選び方

BigBossコラム

取引プラットフォーム

当社について

bob-sapp

BigBossグループは、Prime Point LLCを基盤とした関連会社です。Prime Point LLCは全米先物協会(National Futures Association)に登録NO.0543920にて登録しています。 全ての情報は、アメリカ・イラン在住または国内法や規定により禁止された地域にお住いのお客様を対象としたものではございません。 また、IBCの規定により、セントビンセント・グラナディーン在住のお客様へのサービス提供は行っておりません。 当サイトは、日本国内で金融サービスを提供することを意図したページではなく、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておりません。

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「TariTali(タリタリ)」って、Twitterなんかでたまに見かけるけど、いったいなんなの?って思ったことありませんか?

キャッシュバックサイトらしいけど、どういう仕組なんだろうって思いますよね。

今回は、FXキャッシュバックサイトとして有名な「TariTali(タリタリ)」の仕組みについて以下の3点について解説していきます。

  1. キャッシュバックサイトとは?
  2. キャッシュバックサイトの仕組みは?どのようにして還元されるのか?
  3. FXのスプレッドとは?
  4. TariTali(タリタリ)の評判・評価とは?

FX博士

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバック業者を大雑把に述べると、アフィリエイト業者のようなものです。厳密に述べるならばIB(Introducing Broker)業者。IB業者によるスプレッドバックの仕組みは古くから存在します。

スプレッドとは?FXの手数料

FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは?

スプレッド=手数料 と思っててください。外貨を売買する時の買値と売値の差額がスプレッドです。

業者A(スプレッド3銭)
10,000×0.03×10回= FXのスプレッドとは? 3,000円の手数料

業者B(スプレッド1銭)
10,000×0.01×10回= 1,000円の手数料

たった 10回の取引で2千円の差 が出ます。365日で計算すると730,000円!恐ろしい差です…。

スプレッドでFX会社を比較

スワップもスプレッドと同じくらい重要

スワップもFXのスプレッドと同じくらい重要です

スワップ(ポイント)=金利(銀行の利息)と考えてください。日本より金利が高い通貨を買うと毎日スワップ金利がもらえます。

業者A(スワップポイント110円)
110円×365日= 40,150円のスワップ金利収入

業者B(スワップポイント100円)
110円×365日= 36,500円のスワップ金利収入

年間3,650円の差が出ます。100万円を25倍のレバレッジで取引してた場合 125,925円もの差 が出ます。

スプレッドも重要ですが約定能力も重要

FXでは約定能力とスプレッドの関係

サーバーが弱く、処理能力の低いFX会社は非常に危険です!

FXのスプレッドとは|為替と金融では意味が違う?計算も解説


スプレッドとは、通貨を買う際の価格と、売る際の価格の差のことを指します。FXをやっていると日常的に出会う専門用語です。

1.スプレッドとは|FXでの意味をわかりやすく教えます


スプレッド (Spread) の元々の意味は、英語で「広げる」または「延ばす」ということです。転じて、FXでは買うときの値段(BID)と、通貨を売るときの値段(ASK)の差のことをスプレッドと言っています。

1-1.スプレッドの意味を具体例を挙げて解説

テレビなどで為替レートの報道があるとき、「1ドル110円27銭から33銭で取引されています」という言葉が聞かれます。ではこの「27銭から33銭」というのは一体なんでしょう? 27銭なのか37銭なのかはっきりしてもらいたいですよね。

でもこれは為替レートの仕組み上、仕方ないことです。なぜなら、FX会社などを通して取引する際に、買うときに提示される価格と、売るときに提示される価格が違うからです。

1-2.初心者でも簡単!FXのスプレッドの計算方法

スプレッドはFXで取引するときに、支払っている隠れた手数料のような役割を持っています。ではこのスプレッドによって、あなたがFXで取引するときに、どれくらいコストがかかっているのでしょうか。スプレッドはFX会社によって設定している値が違いますし、時間帯や相場の急変動などによっても変化します。

スプレッド×取引通貨量=コスト(手数料)

1万通貨を取引する場合は「0.5銭×10,000通貨 = 5,000銭 = 50円」
5万通貨を取引する場合は「0.5銭×50,000通貨 = FXのスプレッドとは? 25,000銭 = 250円」

1-3.金融取引におけるスプレッドは金利差や価格差のこと

金融取引でのスプレッドの意味は、株式と商品取引など2つの金融商品の金利差や価格差を利用して行う裁定取引のことです。通常スプレッド取引と呼ばれています。

2.FXのスプレッドがあなたの取引に与える意味


FX取引でのスプレットは、多くの場合、小さな額に見えるかもしれません。また、株式相場のように手数料という形で徴取されるわけではないので、スプレッドの意味について深く考えたことがない人もいるかもしれませんね。

例えば、FXでランダムに取引すれば、取引回数が増えれば増えるほど、勝率は五分五分に近づいていきます。五分五分ということは、プラスマイナスゼロということになりますが、実際にはプラスマイナスゼロにはなりません。取引した回数だけのスプレッドがマイナスとなります。

例えば、10,000通貨を取引していてスプレッドが0.FXのスプレッドとは? 3円と業界の中では安いものであっても、1000回取引していたとしたら、3万円ものマイナスとなるのです。つまり、普通に五分五分で取引していたら、スプレッド分どんどん資金が減っていくということになリます。

3.短期トレードほどスプレッドが重要


一般的に取引期間が短くなるほど、取引回数が増える傾向にあります。例えばスイングトレードよりは、デイトレードの方が取引回数が増えますし、デイトレードよりもさらに短期のスキャルピングの方が取引回数が増えていきます。

つまり、短期売買であればあるほど、スプレッドの存在が重要になってきます。ですから、スプレッド(手数料)の影響をあまり受けない(取引回数の少なくなる)長期トレードの方が本質的には有利ということになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる