バイナリ―オプション取引

オンライントレードに最適なPC環境とは

オンライントレードに最適なPC環境とは
そこで、ここではIPO銘柄や少額投資、お得なサービスなどといった条件も踏まえ、おすすめの証券会社をいくつかご紹介していきます。

登録者数200名の大講義を行います。授業中、質問は対面参加者、オンライン参加者ともにオンラインツールを使って受け付けており、学生が発言する機会は多くありません。授業中はスライド資料を使用します。
この授業では、教室設備活用法を用いて、授業を行いました。資料はZoomの画面共有で共有し、その画面を教室のプロジェクターで投影しました。教員はマイクを使用し、教室のスピーカーから聞こえた声をノートPCのマイクで集音し、オンライン参加者に届けました。対面参加者が発言する場合は教員がマイクで復唱し、オンライン参加者の声はHDMIケーブルを介して、教室のスピーカーで流しました。

ケース②:大講義 × 学生発表あり × スライド資料使用〔クリックして拡張〕

登録者数200名の大講義を行います。授業の冒頭、各回の復習課題の回答について学生が発表します。授業中はスライド資料を使用します。
この授業では、教室設備活用法を用いて、授業を行いました。ケース①に準じつつ、対面参加者の発表時は、もう一本のハンドマイクを手渡し、使用後は、所属学部のガイドラインに則り再度除菌ペーパーで拭くという形で対応しました。

ケース③:小規模演習 × 学生の発言あり × オンライントレードに最適なPC環境とは 資料配布 × 白板使用〔クリックして拡張〕

登録者数15名の小規模演習を行います。この授業ではマイクやプロジェクターは使わず、資料はレジュメを配布し使用するとともに、白板を使って補足説明をします。
この授業では、iPad法を用いて、授業を行いました。iPadからPandA経由でZoomに接続し、iPadを通じて対面とオンラインの音声と映像とを繋ぎました。PCは使用しませんでした。

ケース④:中規模講義 × 学生発表あり × スライド資料使用 × 白板使用〔クリックして拡張〕

登録者数60名の中規模授業を行います。この授業では学生がグループで課題に取り組み、その内容を授業中に発表します。授業中はスライド資料を使用するとともに、白板を使って補足説明をします。
この授業では、教室設備活用法とiPad法を組み合わせて授業を行いました。資料はZoomの画面共有機能を用いて共有し、教室のプロジェクターでも投影しました。iPadは、板書を映すのに使用するとともに、教室の音声を拾うマイク兼オンライン参加者の声を教室に届けるスピーカーとしても使用しました。
教員はマイクを使用しました。対面参加者の発表時は、もう一本のハンドマイクを手渡し、使用後は、所属学部のガイドラインに則り再度除菌ペーパーで拭くという形で対応しました。

ケース⑤:中規模授業 × グループワークとディスカッションあり × 全員PCを持参〔クリックして拡張〕

登録者数60名の中規模授業を行います。対面参加者とオンライン参加者はほぼ同数です。授業では、グループワークとディスカッションの時間を設けており、グループは対面とオンラインの混成としています。
この授業では、BYOD法を用いて、授業を行いました。対面参加者全員がノートPCとヘッドセットを持参し、オンライン参加者とともにZoomにアクセスして授業を受けました。グループワーク時はブレイクアウトルームを用いました。対面参加者の音声の混線を防ぐため、ブレイクアウトの「ルーム」ごとに、対面参加者の座る位置を固め、グループの一人が話す際は他の参加者はマイクをミュートにするという方法を取ってグループワークを実施しました。

ケース⑥:小規模大学院演習 × 発表とディスカッションあり × 全員PCを持参〔クリックして拡張〕

登録者数20名の大学院演習を行います。毎回受講生の研究発表と、その後のディスカッションがあります。
この授業では、BYOD法を用いて、授業を行いました。対面参加者全員がノートPCとヘッドセットを持参し、オンライン参加者とともにZoomにアクセスして授業を受けました。資料は、Zoomの画面共有機能を用いて共有しました。

サンワテクノス---2025年3月期に営業利益は2022年3月期比1.5倍増を目指す

facebook-share

サンワテクノス 1286 0
サンワテクノスは独立系技術商社で、FA・産業機器業界向けが売上高の約4割を占める。電機・電子・機械の3分野にまたがって事業を展開している点と、それを生かした「双方向取引」(顧客メーカーに生産ラインの機器を納入し、そこで生産された製品を仕入れる)の2つの特長により業容を拡大してきた。取引先数は単体ベースで顧客先が約3,200社、仕入先が約2,100社となり、主な仕入先は安川電機、オムロンなどである。
2022年3月期の連結業績は、売上高で前期比14.6%増の154,414百万円、営業利益で同123.2%増の4,804百万円と4期ぶりに過去最高業績を更新した。半導体関連業界や産業機械業界を中心に設備投資が拡大したほか、部材の供給不足による生産への影響を考慮した顧客からの先行手配もあったことが要因だ。地域別売上高では、中国を中心としたアジア向けが前期比47.4%増と大きく伸長した。受注高は前期比44.9%増の199,931百万円、受注残高は前期末比165.1%増の73,081百万円に積み上がっている。なお、2022年3月期より会計基準の変更に伴い有償支給品を売上高に含めない純額表示に変更しており、売上高で17,043百万円の減少要因となっている。同一基準で比較した場合の売上高は前期比27.2%増となる。

同社は新たな中期経営計画「SNS2024(Sun-Wa New Stage オンライントレードに最適なPC環境とは 2024)」を発表した。基本方針として、1)イノベーションが求められる成長分野への注力、2)より高付加価値な製品と新たなソリューションの提供、3)サステナビリティ経営による持続可能な社会の実現に貢献、の3点に取り組み、最終年度となる2025年3月期に売上高195,000百万円、営業利益7,000百万円を目指す。3年間の年平均成長率は売上高で8.1%、営業利益で13.4%となる。最重要経営指標(KGI)を従来の「売上高」から「営業利益」に変更し、DXによる業務効率化も進めながら利益成長を追求していく。具体的な取り組みとしては、事業ポートフォリオを顧客業界ごとにマッピングし、積極的リソースを投入する分野(半導体製造装置、ロボット・マウンター、工作機械)と選択的リソースを投入する分野(FA装置、車載、設備)、その他分野に分けて戦略を立案・実行することで、売上総利益の拡大を目指す。積極的リソース及び選択的リソース投入分野については年率10%以上(半導体製造装置は15%以上)の利益成長を見込んでいる。また、地域にとらわれず顧客業界ごとに最適な製品・ソリューションを提供する専門営業組織を2022年4月に立ち上げ、新規顧客の開拓や既存顧客との取引深耕を進めていく。海外事業については売上比率で2022年3月期の38%から2025年3月期に40%に引き上げる。中国だけでなくその他アジア地域での事業拡大も目指す方針で、インドにも新たに進出する予定にしている。同社が取り扱う商材は省エネ化・省力化に貢献するものが多いことから、中長期的に右肩上がりの成長が見込まれる。今回の新たな事業戦略によって、こうした需要を取り込み、収益成長につなげていくものと期待される。

オンライントレードに最適なPC環境とは
【※関連銘柄の株価チャートはこちら!】
◆サンワテクノス(8137)
◆安川電機(6506)
◆オムロン(6645)

オンライントレードに最適なPC環境とは オンライントレードに最適なPC環境とは
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク オンライントレードに最適なPC環境とは ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 ●医療廃棄物処理 オンライントレードに最適なPC環境とは
●ゲーム ●金(ゴールド) ●金鉱株
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか) オンライントレードに最適なPC環境とは

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

カリスマFXトレーダー「羊飼い」氏がシステムトレードを1ヶ月やってみた結果! FX取引で最重要の「三種の神器」とは?

「老後は夫婦で2000万円が必要―」と麻生太郎金融相が2019年6月にコメントした金融審議会の報告書は日本中に衝撃を与えました。同報告書では、老後資金として「2,000万円」、「毎月約5万円が不足」が発生すると試算されていたのです。

執筆: 向け  Urala Communications

収入を得る一つの方法としてFX(外国為替証拠金取引)のシステムトレードを有効活用すれば、本業に精を出している間も、寝ている間も自動売買を繰り返して、不労所得を狙っていくことが可能です。FXのシステムトレードを使えばほぼ労力をかけずに不労所得を得ていく副業スタイルがあります。

目次

Investing.com読者にはご存知の方も多いかと思いますが、「羊飼い」氏はFX界のカリスマトレーダーとして知られており、Twitterのフォロワー数12万以上、1日10万PV以上の人気ブログ「羊飼いのFXブログ」の管理人としてもしられています。FX業界では知らない人がいないといっても過言ではないトレーダーです。

1.カリスマトレーダー「羊飼い」氏が考えるFX取引におけるEA活用の必要性とFX取引における重要なポイント

24時間、本業に精を出している間も、寝ている間も収入を生んでくれるEA(オンライントレードに最適なPC環境とは システムトレード)について解説をしていき、24時間EAを稼働させるために必要な環境となるVPS(仮想サーバー)についてもお伝えしていきます。

2.MT4のEAとは何か?

MT(MetaTrader)は、ロシアのMeta Quotes Software社が無料で提供しているトレードプラットフォームです。日本のFX業者の中には、独自のトレードプラットフォームを開発・提供するケースが見られますが、海外のFX業者の多くがMT4を採用しています。つまり世界中の一流トレーダーが利用するトレードプラットフォームがMT4ということです。

そんなMT4の大きなメリットは、一流トレーダーが成果を出すために開発したEAをダウンロードし、実際に利用することができるという点です。「MT4はパソコンでEAはパソコンの中で動くアプリケーション」と考えるとわかりやすいかもしれません。EAは星の数ほど開発されているので、それぞれの成果を確認し、バックテストなどの検証を行なった後、ご自身のトレードに合ったものを複数選んで同時に稼働させることも可能です。最初の設定さえ行えば、後はすべて自動で売買を繰り返してくれます。寝ている間も本業に精を出している間も、うまくいけば収益をうむことが可能になります。

EAのメリット

2. 売買に感情が入らないため、感情に左右されずに売買してくれる

EAのデメリット

EAは無料で使用できるものもありますが、安かろう悪かろうのケースが多く、無料だからといって気軽に手を出すと損失につながるケースがあります。GoGoJungle(EAを販売するECサイト)では基本的に有料(1万円から5万円が最も多い)で販売していますが、購入前に実際の実績を確認することができますので、実績やロジックを見て購入ができます。実績があり、人気があるEAを購入するには当然費用はかかりますが、うまくいけば収益を得ることができるので、未来への投資と思い試してみる価値はあるでしょう。

EAの注意点

EAはどこで購入できるの?

せっかく収益を生む可能性があるシステムなのに損失につながっては元も子もありません。

また、災害による停電などでPCの電源が落ちてしまうと、大切なトレードチャンスを逃し機会損失になる可能性があります。そのため、収益面、効率を考えるとVPSは必須といえるでしょう。

このようなデメリットを解消するためには、MT4のEA(システムトレード)を外部のVPS(仮想サーバー)で稼働させることで、PCの負荷がなく24時間稼働でき、外部の影響をうけることもなく、収益を得ることができます。

4.カリスマトレーダー「羊飼い」氏がEAを実際に稼働した結果

この度「羊飼い」氏に実際にご自身の資金を一部いれていただき、EA(システムトレード)を稼働してもらいました。今回は人気EA開発者のねこ博士が手がけたオススメのEAで羊飼い氏も自身の口座で既に使っているものを2つ稼働させて検証を行っています。

今回使用した2種類のEA(システムトレード)

特徴:TPとSLを小さくした「損小利小」のEAシリーズ「Xシリーズ」の第一弾となるEAです。通貨ペアAUD/CADで、TP、SLはそれぞれ12pipsと20Pipsと一発大きく負ける心配のない点が特徴。トレードスタイルはスキャルピングで年間240回の取引を行います。最大ポジション数は3となっています

期待年率:40%

運用可能会社:FOREX.com(JP)、FXトレードフィナンシャル、外為ファイネスト、FOREX EXCHANGE、株式会社サクソバンク証券株式会社

特徴:Pips_miner_EA_EURAUDは、ねこ博士の人気EA「Pips_miner_EA」の「別通貨バージョン」として開発されました。「Pips_miner_EA」で勝てる通貨ペアとして採用されたEUR/AUDでのトレードとなります。超高頻度EAの「Pips_miner_EA」に比べ、性能はほとんど同じものの、エントリー頻度は少なめに設定されており年間300回の取引を行います。最大ポジション数は3です。

期待年率:36%

運用可能会社:FOREX.com(JP)、FXトレードフィナンシャル、外為ファイネスト
OANDA JAPAN、EZインベスト証券

5.「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」を選ぶべき理由

FXで利益を出すために重要な要素としてパソコンのスペックが挙げられます。チャンスを逃さないためには「高速性」と「安定性」がとても大切です。ニューヨークタイムの重要経済指標の発表直後などは、アクセスが集中し、為替相場のボラティリティ(変動)が大きくなり、わずかなタイムロスで大きなチャンスを逃したり、損失が膨らむことになりかねません。利益を確保できるかどうかは、ユーザーの判断力だけではなく、パソコンのスペックやネット回線などのトレード環境にも左右されるのです。

お名前.comデスクトップクラウドが提携している証券会社であれば、最初からMT4が入っているので、MT4をインストールする面倒な作業を省略することができ、初心者でも簡単にEAを始めることができます。

もちろん提携済み以外の証券会社でもMT4の利用はできます

後はMT4を採用しているFX業者でFX口座を開設し、お好きなEA(システムトレード)をダウンロードすればシステムトレードを始めることができます。

「お名前.com デスクトップクラウド for MT4 」は、わからないことがあっても操作マニュアルでの確認や、無料電話サポートで相談することもできます。MT4の利用が初めてでも心配することなくはじめられます。

「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」は、ユーザーのニーズに合わせて5種類のプランを用意しています。最上位のプランになるとメモリは8GB。MT4を起動しながら、同時に多くのEA(システムトレード)を稼働させることができるハードユーザー向けのプランとなっています。他には、お名前.comデスクトップラウドの1GB、1.5GB、2GB、4GBというプランがあります。

VPSの価格としても月額2,400円から14,000円の間で24時間PCを稼働させることなく機会損失を防げるとしたら割安といえるでしょう。

株式投資をネットでやる方法と初心者でも始めるのにおすすめな証券会社をやさしく解説!

証券会社にはネット証券だけでなく、店舗を持っている総合証券もあります。まずはこの両者の違いについて見ておくことで、ネット証券の特徴やメリットがわかりやすくなりますので、はじめにご説明いたします。

手数料が経費の掛かり方で違う

そのためネット証券では比較的、手数料を安く抑えられる傾向にあると言えるでしょう。

株の取引を始めるまでの早さ

さらにはネットバンクを活用することで、証券口座への入金もスマホやパソコンから行えるため、あえて銀行へ行くような手間がいらないこともメリットです。

サポート体制の充実度

しかしその分、興味の無い投資商品について営業をかけられることもしばしばあり、これがしつこいとストレスに感じるかもしれません。

新規上場株の買いやすさ

そのためIPO株については、ネット証券よりも総合証券の方がより高確率で手に入れやすいと言えるでしょう。
オンライントレードに最適なPC環境とは

ネットでの株の取引が増えたワケ

長い歴史を持つ株式投資ですが、現在は取引をネットで行うことが主流となってきました。それには一体、どのような理由があるのでしょうか。

PCやスマホで効率よく取引

また、ネットでは24時間対応であるため、注文を出す時間の制限がないのも利便性が高く、このように効率よく、自由度の高いトレードが行われるようになったことがネット取引が普及するようになった大きな要因であると思われます。

株券の電子化でネット証券が増えたから

そのため、わざわざトレードの際に株券の受け渡しをする必要がなくなり、ネット証券としては最適の環境となったことから、その数も増え、それに伴いネット証券の利用者も増加しました。

手数料の自由化によるコストカット

投資家にとっては嬉しい話であり、これからネット証券を開設される方に当たっては、このような手数料を比較してお得に選ぶことがおすすめですよ。

株をネットで始めるまでの流れ


口座を作りたいネット証券を選ぶ

  1. 手数料の安さ
  2. 提供されているサービス
  3. 取り扱っている商品の数

①手数料の安さ

②提供されているサービス

③取り扱っている商品の数

証券会社によっては、投資信託や先物取引、米国株、中国株のような外国株まで取り扱っているため、そうした業者を選ぶことでトレードの幅を広げることもできるでしょう。

申し込み書類の記入はネットで完結させる

また、 一部の証券会社では、口座番号やパスワードの受け取りもメールで行えてしまうため、完全にネット上だけで口座開設が完了できてしまうところもあるのですね。

口座にお金が入金できたら準備完了

ただし、ここでも気を付けたいのは手数料で、人によっては証券口座との入出金は頻繁に行うこともあるため、なるべく手数料が無料のものを選ぶことが望ましいでしょう。

ネットで株を始めるのにおすすめの証券会社

そこで、ここではIPO銘柄や少額投資、お得なサービスなどといった条件も踏まえ、おすすめの証券会社をいくつかご紹介していきます。

株の取引でポイントが貯まる「楽天証券」

また、ネットバンクである「楽天銀行」と連動ができ、入出金の手続きを簡単に行えたり、預金金利がアップすることも楽天証券の魅力となっています。

IPO銘柄で取引するなら「SBI証券」

こうした理由から、IPO銘柄の取引が格段に強いSBI証券。メインで利用するのはもちろん、サブのIPO用として使うために開設しておくのもおすすめですよ。

ワンコインから始める「カブドットコム証券」

毎月500円からの積立プランがあるため、ワンコインから長期投資のポートフォリオを作り始めることもできますよ。

約定力の高い海外FX業者おすすめTOP5!比較ポイントや重要性を解説!

海外FX

  • 海外FXでの約定力の重要性、約定力の比較ポイントがわかる
  • 約定力が高い海外FX業者おすすめランキングTOP5の紹介
  • この記事を読めば約定力の高い海外FX業者を選ぶメリットが理解できる

海外FXにおける約定力とは?

海外FXにおける約定力とは?

本来であれば注文と同じ内容で約定すると思われがちですが、 注文内容は海外の会社を経由して市場に到達するため時間のズレが生じ、実際の注文と約定には誤差が生まれる のです。

◆約定力の重要性を知るために理解すべきこと

  • 約定力が高いメリット
  • 約定力が低い場合に発生する不具合

約定力が高いメリット

約定力が高いメリット

なぜなら、 約定力が高ければ狙ったところでポジションを持てる わけなので、トレーダーにとって好都合でしかないからです。

  • スプレッドが狭い環境を活かせる
  • スキャルピング取引に有利
  • オンライントレードに最適なPC環境とは
  • 大きな取引も安心してできる

以下でこの3つを詳しく解説するので、「 約定力が高い=トレーダーに有利 」の理由を理解してください。

スプレッドが狭い環境を活かせる

FXではレバレッジやスプレッド 、ボーナス に目が行きがちですが、 実はいくらレバレッジが高くてスプレッドが狭くても「約定力」と言うベースが無ければ意味がなくなってしまう のです。

スキャルピング取引に有利

つまり、 「約定力の高さ」はスキャルピング では絶対条件の事項なのです。

基本的に、 短期取引になればなるほど「約定力」は大きなウェイトを占め 、スイングトレードなど長期トレードでは「約定力」より「スワップポイント 」などの要因が重要になる傾向にあります。

大きな取引も安心してできる

これは、海外FX業者が最適なレートを提供するために社内努力をしていると言うことになり、 最終的に居客であるトレーダーを大切にしているにつながる オンライントレードに最適なPC環境とは からです。

◆約定力を高く保つための社内努力

  • 多くのリクイディティプロバイダーとの契約
  • 優秀なサーバーとの契約
  • 社内ネットワークの強化

また、 単純に大きな取引で価格がズレれば、当然予定外の損失リスクが増えるわけですから、自然と大口トレーダーは約定力、つまり取引環境に力を入れている業者を選ぶ となってくるわけです。

ただ、 約定力などの取引環境を重視する海外FX業者はボーナスなどのプロモーション が少ない傾向にあるため 、初心者が始めて海外FXに挑戦する場合などは選びにくい業者が多いことは事実です。

約定力が低い場合に発生する不具合

約定力が低い場合に発生する不具合

  • リクオートや約定拒否
  • スリッページ

この2つの不具合が多い業者はトレーダーにとって不利益が多い業者とも言え、 特にスキャルピングなどの短期取引 では致命的なデメリットとなってしまう部分 です。

リクオートや約定拒否

名称約定の状態
リクオート予定した価格で約定されず、再度ポジションを持つかの判断を促す表示がされる状態。
再度約定する場合は、今の価格での約定となる。
約定拒否予定された価格で約定されず、再約定の表示もされない。
そのため、ポジションを持ちたいのならエントリー操作をもう一度する必要がある。

どちらも、 予定した価格でポジションを持てないと言う点では同じ で、FX取引の特性上どの業者でも起こりうる可能性のあることです。

つまり、約定力の低い業者は損益以前に 取引自体が思うようにできない可能性がある ことを意味するわけです。

スリッページ

ある意味スリッページは、 約定拒否より約定してしまっているので損益に直結する部分 と言えるでしょう。

この、エントリーしたタイミングと約定されたタイミングのズレは、 短期取引や値動きが激しい時間帯の取引ほど損失を受けるリスクが高くなる 状態なのですね。

そのため、 約定力の高さを判断する指針としては重要視しなければいけない部分 です。

しかし、少なくとも、 業者が約定力強化のために努力していることで大きく軽減できる部分 であることだけは覚えておきましょう。

海外FXの約定力の判断ポイント

海外FXの約定力の判断ポイント

そのため、 判断方法をしっかり持って業者を選定しなければいけない部分 でもあります。

  • リクイディティプロバイダーの数
  • サーバーの設置場所
  • サーバーの能力

ポイント1:約定力を表す数値

ポイント1:約定力を表す数値

なぜなら、この2つの数値は測定の条件が各社バラバラなので、 単純に数値の比較では判断できない部分 となってしまいます。

以下でこの2つの数値の意味を解説しますが、「 約定力の公表値は大切な基準だけど目安程度に使う 」が賢明な使い方と言えます。

約定スピード

ただ、約定率についても業者の環境以外も影響してくるため数値での比較は難しい部分ですが、少なくとも「 数値を公表している=一定の約定力を確保している 」と言う判断材料となるでしょう。

ポイント2:約定力を表す数値の裏付け

ポイント2:約定力を表す数値の裏付け

  • リクイディティプロバイダーの数
  • サーバーの設置場所
  • サーバーの能力

リクイディティプロバイダーの数

リクイディティプロバイダーは 「LP」や「カバー先」 とも呼ばれ、FX業者にレートの配信を行っている為替市場に直接アクセスしている存在です。

海外FX約定力「LPイメージ」

リクイディティプロバイダーは銀行や証券会社など為替市場そのものといって良い存在で、トレーダーは上図のように「 トレーダー→FX業者→LP(カバー先) 」の流れでFX取引をしているわけです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる